信田だけど酒井俊光

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。

実は、離婚しなくても慰謝料の請求はできますが、その金額は少なくなってしまうでしょう。

さらに、不倫相手の方が不倫を認めない時には証拠が必要とされます。

どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

本人が知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、技術や機材がちゃんとしている必要があります。

せっかく撮った浮気現場の写真も、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠とは認められません。

浮気調査を探偵が依頼されたときは、超小型のカメラを用意するなどして覚られないうちに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が見つかったならば、離婚するか気づかないままにするのか迷って決められないですよね。

まず頭を冷やして、探偵事務所に調査を依頼するよりも先に、自分の損得を考えるのが先決です。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。

日頃、相手の行動の様子を気をつけてみておくことは他人に頼まなくてもできますが、浮気を認めざるを得ないような証拠を入手するためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。

そして、探偵に頼むという事は、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

あなたの配偶者が不貞を犯したら、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、仮面夫婦と化していたり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を請求することができません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、あなたの年齢、結婚歴等いろいろな事を鑑みて裁判所が慰謝料を決めます。

離婚ということになってもかまわない、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。

しかし、単独で行くのは、揉める元なので、避けたいところです。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するという方法があります。

不倫問題を相談したいと考えるなら弁護士に相談することをオススメします。

離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをよく考えてから相談するといいでしょう。

不倫の証拠を掴みたいのなら、探偵事務所や興信所に相談してください。

女性の場合、近所の奥さまや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にやってはいけません。

コミュニティ型のWebサイトを通じて浮気の事実が発覚することもあります。

コミュニティ型のWebサイトでは実名を伏せるので相手も思いがけずに、私生活についてついうっかり書きすぎてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

時には、浮気を証明してしまうような内容を書き込んでいる可能性もあるのです。

ユーザーIDを見つけたなら調べてみて下さい。

信頼に値する探偵事務所を見つける方法として、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。

そのようなときには、その探偵事務所が管理しているウェブサイトに掲載されている口コミなんかではなく、全然関係のない掲示板や相談サイトにある口コミをチェックするといいでしょう。

該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。

法律的に、結婚している男女が配偶者ではない人と男女の関係になることを不貞と定めています。

つまり、法律的にいうと、性関係になければ、一緒に出かけたりしても、浮気とはいえません。

自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。

ミロ
  • ミロ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です