インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

最近よく耳にするインプラントは、歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる義歯と人工歯根のことです。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでとにかく数多くのインプラント治療にあたってきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

また、できれば治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。

ヴィトックスαの口コミ
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。

入院することはめったにありません。

出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行ってはじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用面で、治療を躊躇する方も多いのが当然です。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどと銘打って信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはできるケースが増えました。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけばより快適に、長期間使えるようになるのです。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

ミロ
  • ミロ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です