トキが美凪

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。
レバウルフが絶好調!効果や口コミ徹底検証!

当然、歯が全く残っていない状態では、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれており、それぞれ特性が異なります。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことを勧めます。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておく問題が生じます。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

忘れないで欲しいのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのがだいたいの流れです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です