キロダスで仙波

忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

見た目からしても、自分の歯のようにとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にインプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

アイプリンで目元が若返る?アイプリンの効果は本当か?
口を開けたところを見ればインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

インプラント埋入手術の直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためで時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。

忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、セルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、利用することは不可能です。

対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です