福本で輝(あきら)

ファーストクラッシュ|ニキビで悩むお子様をお持ちのお母さま方へ
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

どうしても外見や噛み心地を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにすると、このようになりますよと説明されインプラントの方が良いと考えました。

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたのでこれで良かったと実感しています。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり収入から医療費を控除されます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の負担が重くのしかかる方もまだまだ多いのです。

クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部を支えとして残すことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です