よっすぃ~と橋口

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費には大きな開きがあります。

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。

デルメッドしみに効くから美白になれる|お試しでデルメッドトライアルセットもあります
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

インプラントはどのくらい保つのか、現状では確実な説はありません。

治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つと考えていいようです。

ということは、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

現実には、治療費といっても地域や、歯科医によってずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため金額は歯科医院次第です。

しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

もしこの治療が保険適用だったら、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。

それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です