かなりの額になりますが自分の歯のような安定した使用感

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも治療にかなりの危険が伴います。

今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他に義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を検討することになります。

どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントの定着がみられなかった場合、再度、大がかりな手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用がかさむことに尽きます。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が技術料をどう見るかで相当差が開きます。

そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なのがインプラントです。

しかし、制約もあるので覚えておきましょう。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようじっと耐えてください。

もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
プラステンアップ評判

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。

治療が失敗すると、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に関わる問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

どこの歯科医の手術でも、痛くて我慢できないことはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です