腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

なぜ適用されないかというと、この人工歯治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

土台であるあごの骨を調整し、インプラントを埋め込むことや、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

これを保険適用にしてしまうと、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選ぶしかないというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればそれまでインプラントは適用されなかったケースも相当数が治療できるようになってきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を調べ、 相談してください。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

かなり専門性の高い外科的治療を要するので、様々な症例を診てきた経験を持つ歯科医の診療を受けるようにしましょう。

それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は決して看過できるものではありません。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが次のステップに進むための条件です。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療の成功を願うなら、思い切って、治療が終わるまでの間は禁煙あるのみです。
レバウルフの口コミ

インプラントはどのくらい保つのか、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。

全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

ちょっと調べればわかりますが、治療費は統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に決められるのが建前です。

ただし、おおよそ相場は決まっています。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が相場だと押さえておきましょう。

歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど見た目の問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です