歯根部と支台部に分かれている

虫歯がかなり悪化して、結局、歯を抜くことになってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、インプラント治療に決めました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

治療後、噛めるようになると、ほどなく噛んだときの違和感がなくなってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体に生じた問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった審美的な問題が起こることもあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めてください。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。

それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

インプラント手術の未経験者にとってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスを持ち合わせていなければなりません。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。

検査で問題になることはまずありません。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、最低でも手術から治療終了までの間、がんばって禁煙に励みましょう。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で決定的な違いが出てくると考えられます。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと考えて欲しいのです。

良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療できるところが増えてきました。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です